梅干茶漬け

June 13, 2017

この世の中で唯一食べれないモノが梅です。ああああです。

ちょっと進捗が落ち着いてきたので久々に更新してみることとします。

 

今日は梅干茶漬けってクリエイターとどこでどう繋がったかみたいな話をしようかなーと。

これまた話すとなると色々あるんですけども!

 

翡乃イスカの曲に感銘を受けて氏と交流を持ち始め、彼の学年の他の子たちとも交流を始めるようになってきた丁度その頃、音楽活動に対して活発である彼らは、自ら外に曲を発信していくような企画を立てて動き始めていました。モチベーションの塊ですね!凄い!

(Ricoraには曲を作る人は居れども、「外に外に」という動きを持つ人は居なかったので、そういう点でもRicoraを変えていく学年になるのかなぁとその時から何となしに感じていました。)

 

その企画というのが(知っている方も居るかもしれませんが)以下のシリーズです。

 

http://www.nicovideo.jp/mylist/39807563

 

「音ゲーのアレンジを作ってみて動画も作ってニコニコに投稿して、感想とか意見とか貰いたいよね。」って所から始まった企画です。

 

「宮田先輩もDTMは始めたばかりですし、企画良かったら参加してみません?」とイスカに誘われ、「いやいやいや僕で良ければこちらこそ何卒よろしくお願いします…」 といった感じのたどたどしいコミュニケーションを経て、この企画の第二回から参加させて頂きました。

同じ曲のリミックスでもこれだけ解釈の違いが生まれる所に色々刺激を受けて。毎回動画がアップされるのを心臓をドキドキさせながら楽しみに待っていたあの時の感覚を今でも鮮明に思い出せます。あの頃からずっとずっと創作が楽しくてしょうがない。

 

この企画の第三回で僕の大好きな曲である「airflow」が課題曲になったのですが、それで僕が作ったアレンジを梅干茶漬けが気に入ってくれてそこからの仲になっています。

梅干茶漬けとかいう人、当時からメロの組み方が上手くて嫉妬してたんですけども、最近は編曲力も付けちゃって曲のクオリティが大変なことになってもう完全に有名人って感じですし、近々麺に毒盛って殺害したいですね。あの人毒盛っても喜んで食べてくれそう。

 

実は元々梅干茶漬けと翡乃イスカは 僕が彼と繋がる前から繋がりがあったのですが、それはまた別の機会に(?)。意外なところで彼ら接点あったんですよねー。

それ含めて、色々な偶然が重なって今の現状があると思うと、人生って面白いなーって考えたりします。作曲する人とご飯食べたりしても「あそこでああいう偶然が無かったら今ここで一緒にご飯食べてなかったかもしれないんだよな~」とかよく考えるんですよね。自分だけかな。将来分からなすぎて怖さビンビン太郎ですけど、その偶然性の一つ一つを楽しめる大人になりたいなぁなんて思います。

 

ブログ開設時にも書きましたけど、ここまでの文章もう完全なる自己満足で書いています(?)。何となく懐かしみたいから文章書いているみたいな節があるので。

おちんぽビームですね、おちんぽビーム。

こんなおちんぽビームでも好きな人が居れば適当に読んでくださいませ。おちビおちビ。

 

以上!そろそろ曲作ろ~~~

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now